TOP > スポンサー広告 > title - 両親への挨拶に行ってきましたTOP > 三十路の親あいさつ・顔合わせ > title - 両親への挨拶に行ってきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
拍手する

両親への挨拶に行ってきました

両親への挨拶行って来ました。
更新遅くなり、申し訳ありません。。。

彼の実家までは、車で2時間。
胃が痛い。ストレス全開の一日でした。

彼の実家は、一軒家が立ち並ぶ集合住宅地にあった。
車を停めると、すぐに彼の母親が笑顔で迎えにきてくださった。

・・・・・」  Σ( ̄ロ ̄lll) 
緊張のあまり、声が出なかった。
こんにちは。とやっと言えたが、泣きそうになった。

優しそうで楽しげなお母さんだった。
「遠くまでわざわざ来てくれて、ありがとう~」とすごく歓迎してくれた。

昨日まで練習していた台詞も飛んだ(笑)
頭が真っ白になり、何を言わなきゃいけないのかさえ思い出せなかった。
それに、出迎えにきてもらえるというのは、想定外だ。

そして彼の父親だ。
ソファに座って、腕組みして待ち構えているのかと、かなりビビっていたけど。
玄関まで来て出迎えてくれた。
しかも、彼の父親も笑顔で歓迎「さぁ、早く上がって」って感じだった。

アレ!?
っていうかオイ!
話が違うじゃないか???
結婚反対してたんじゃなかったっけ?


リビングに通され、下座に座るハズが家の構造上、上座に座り。アレ?
やっぱり、シュミレーションとは全然違った。

改めて自己紹介して、仕事のことや、普段の生活やら、話したけど。
そんなに、質問攻めにあうこともなくなく、穏やかに終わりました。
彼が、前回実家に戻り、事前に質問を受けてくれたからだと思うけど。
助かった。。。

彼のご両親が気にしていたのは、ウチの家が姉妹二人で、跡取り問題のことでした。
わかるよ。その気持ち。
そのあたりは、最終的にルナルナ家の家族会議になるけど、
父親は、なんとかなると思っているので、多分OKだろう!?

後は、結婚の条件みたいな感じなのかな?
彼は転勤族なので、単身赴任にさせず、一緒に付いて行って欲しいと言われました。
家族がバラバラになるのは、良くないからって。
ちょっと単身赴任もアリかなって、考えていたので即却下ですね。
またマイホームの夢が消えました。。。

彼のご両親への挨拶は、無事に終わりました。
ウチの家より数倍、笑いがあり、フレンドリーで明るい家庭でした。
もちろん、気遣って頂いているのはわかってますが。

やっぱり、彼の親だ。

いい人たちでした(^^)/



22:45 | 三十路の親あいさつ・顔合わせ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する
父親へ結婚報告 | top | ゼクシィを読んで勉強

comments

#
お疲れさまでした!!!

良い雰囲気だったようで、ヨカッタですね♪
結婚は本人同士だけの問題じゃないんだよ・・・ってワタシも既婚の友達からよ~く聞くんですけど、
次なるステップもこの調子で頑張って下さいね!
hinanzuさん | 2009/02/21 22:56 | URL [編集] | page top↑
#
よかったですね~。
でも、同じ様に挨拶に行った友達に話を聞いても、最初緊張するけど、思ってたよりずいぶん歓迎ムードだったってことがほとんど。
これからもがんばってくださいね!
ヒナコさん | 2009/02/22 01:26 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます
>hinanzu さんへ
暖かく迎えて頂けて、一安心です。
本当に、結婚するって大変なことなんだなってわかりました。。。
次の、ステップもがんばっていきますね!

>ヒナコさんへ
出して頂いたケーキの味もわからなかったぐらい緊張しました。
喉もカラカラで、本当に挨拶って緊張するものですね。
次は、我が家に来てもらう番です。
がんばりますね!
ルナルナさん | 2009/02/23 23:32 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://misojikokoro.blog71.fc2.com/tb.php/72-7b3bcf4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。