TOP > ARCHIVE - 2011年11月
2011年 11月
10 | 2011/11 | 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
拍手する

少子化なんだろうか?

出産祝いが2件あったけど、それ以外にも
本当に日本は少子化!?というぐらい、妊娠報告もあった
(同じ時期ではないけど)

私と同じ年に結婚した会社の後輩や、他には二人目が授かったという
報告も数件あった。
今年の春~夏にいったい何人産まれるんだ!?って感じだ。

そして、不妊治療をはじめたと言っていた友達も、
しばらく連絡がないと思っていたら、妊娠したと連絡があり、
絶対安静にしないといけなかったらしい。
苦労していたことも知っているし、素直におめでとうと思った。

ああ、なぜ皆妊娠してくの?
なぜ、私達夫婦には子供が授からないのだろう。
深くためいきをつく毎日でした。

でも、不妊治療で成功した話を聞いたので、私もだんだん気持ちが
変わっていった。
とりあえず春から行こうということになった。
冬は身体が冷えているから治療しても無理そうだし?気分的にね。
旦那さんの両親からも、子供のことを聞かれるように
なってきたので、せめて病院に通院していると言った方が
お互い安心かと思った。


妊娠報告も終わりかと思った矢先、旦那さん側の友達夫婦
春から東京に行くことになり、送別会を開くことになった。
メンバー10人以上の大宴会となった。
もちろん私達夫婦も参加。

その時、秋に結婚したばかりの夫婦が
「子供が出来ました」
報告があった。
この時も、ギューっと胸がしめつけられる思いがし、
涙が出そうになった。そして旦那さんの顔をみたら、
やはり彼もショックを受けている顔をしていた。

でも、すぐ笑顔に戻りおめでとう!と喜んだ。

結婚してまだ、4か月しかたっていないのに。。。
結婚して一周年たった頃には産まれているってこと。
私達もそうなりたかったのに・・・

すぐ出来る人は本当にすぐ出来るんだと思い、
やっぱり悲しくなった。
送別会中もこのことばかり考えてしまい、楽しいはずの
送別会もだんだん憂鬱になった。
ますます人の幸せを喜べない、情けない人間になってきた。

そして、この夫婦とは月一で会うぐらい仲良しなので、
これから先、私達は妊婦の様子を見ていくことになる
のかと思うと、ちょっとへこむ。
目の前でどんどん育っていく子供の話をされると、興味は
あるのだけど夫婦そろって、幸せそうな二人の会話を
聞くのはツライのよね。


スポンサーサイト
16:59 | 三十路の妊娠への道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

出産祝いに行ってみたら

正月も終わり、冬から春へと季節が変わっていく頃
出産祝いに2件訪問。

一人は、自分より5歳下の女の子だったし、
電撃結婚&出来ちゃった結婚だったので、そんなに抵抗もなく
お祝いに行けた。
話も、出産ネタばかりではなく色んな話が出来て楽しかった。
やっぱり子供が産まれてうらやましいと思ったけど。

もう一人は、リエちゃん
年齢も同じ、結婚時期も近いということで、どうしても自分と
比べてしまい、友達が子供が産まれたというのに、
妬ましい気持ちがぬぐえきれなかった。

彼女とはだんだん話も合わなくなっているから、元々気乗りは
しないのですが・・・なら行くなっていう訳にもいかない女子の関係でして。
今回も嫌な気持ちのまま終わるんだろうな、って思ってたら案の定、そうだった。
すっかりお母さんになっていて、子供が大切で大切で
仕方ないようだった。
妊娠時入院したり大変だった話と、出産の話、子育ての話が
ほとんどだった。

不妊の私にとって、どんだけその話を聞いているのが
辛いかなんてわからないだろう。

でも、今回は彼女のお祝いに行っているのだから、そんなことは
はじめからわかっていたことだし、心の狭い私の問題だ。
別に気を遣えと文句言うわけでもない。
だけどりえちゃん達と話をしていて、自分の口数がどんどん減っていく
のに気がついた、どよーんとした重い気持ちのまま家路についた。

後から聞いた話だけど、りえちゃん自身も私が避けているという風に
感じていて、嫌な気持ちだったらしい。
それを聞いて、私も悪かったなって思ったけど、避けているつもりは
ないんだけど、そう取られてしまうということは、
もう表面的にもとりつくろえなくなってきているってことですね。
まー二人の間は修復不可能な状態な訳です。

これから先、年に一回会うかどうかだろうけど、
その時は、もっと大人な対応ができるようにならないといけないねぇ。


22:09 | 三十路の妊娠への道 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

結婚一周年

結婚して1年がたった頃。
やっぱり妊娠はしなかった。

夫婦仲は問題なく、子供がいないせいか新婚生活が
まだまだ続いている感じで楽しくやっていました。

しかし、こんなに妊娠しないなら北海道やディズニーシーやランドなど
行けば良かったよ。
妊娠が発覚して、キャンセルになるともったいないといって
近場しか出かけていなかったので。

1年もたつと、この汚くて古い家が自分の家だなっと
実感できるようになり、私の家族は旦那さんだけなんだな
って思うようになり、あんだけ好きだった実家にも
だんだん帰らなくなっていきました。

パートの方も順調で、人間関係も良好。
何も問題がなく、仕事をはじめたことで自分の中で
精神的にも安定し、バランスがとれるようになりました。
仕事、料理教室、家事という適度に社会にかかわる生活が
丁度いいみたい。
専業主婦はやっぱり向いていなかった。

そして料理教室でも友達ができて、また楽しみも一つ
増えた。

生活が充実してくるだけに、妊娠出来ないもどかしさが
募るだけでした。

結婚して1年経たって出来なかったら病院に通うと
言っていたので、
いよいよ不妊治療のこと考えないと・・・
ああ憂鬱。


16:45 | 三十路の妊娠への道 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

35歳主婦のパート探し

季節は秋になり、失業保険もいよいよ終わりが近づいた。
もらい終わる頃には妊娠していて、再就職なんて無理だろうと
考えていたのは、まったくの無駄に終わった。

35歳の新婚さんを、パートといえどもどこの企業が
やとってくれるのだろうか?
また、一つの会社しか知らない私が他の会社でやっていける
のかも不安でした。人間関係も心配。

とりあえず、週3~4日の事務職を希望。

履歴書に書けるパソコンの資格は持っている。
エクセル・ワード・アクセス・パワーポイントも
前の職場でかなり技術を身につけている。
職務経歴書も見本を参考にしながら書けるし。
ハローワークでの活動もいよいよ本格的になった。

そして、書類だけで落とされたこともあるし、
面接も三社ぐらいいって落とされたけど。
週5で、扶養の範囲外でも良い。といえばわりとパート先が
みつかるのですが、
適度に自由がきいて、無理がなく、
妊娠しても働けそうなぐらいの所が良かった。

そんな中一つの会社が私を採用してくれました♪
少人数の本当にアットホームな会社です。
皆いい人で、直接仕事の指示をくれる女性の方も、
私より年上だったので良かった。

仕事はパートってこんなものなんだーというものです。
会議があれば、資料のホッチキスどめ。
お茶出し、電話対応、会議の資料を作る手伝いが
あっても、最終チェックはお姉さまなので、
気が楽です。

パート先の人間関係も全く問題なく、いい人達に囲まれて
幸せなものです♪

20:00 | 三十路の仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。