TOP > ARCHIVE - 2011年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
拍手する

少し寂しい女子会

新しい付き合いや、習い事など少し変化がはじまった頃。

昔からの友人達とは溝を感じたこともあったけど、
自分の中で心の整理が着いたのか!?
旦那や家計などの主婦の話を、他のところでできるようになったからか?
なんとなく落ち着いた。

話す内容は、身体の不調、芸能人の話、ドラマの話などが、
身の上話より多くなってきた気がする。

そんなある女子会の時。
一人の子が、彼氏が出来たと嬉しい報告!
初彼氏でしかも年下。

これで私の友人グループの半分が彼氏(旦那)持ちという
体制になった。

それからというもの、女子会がある度に
彼氏の話がでるようになった。
私だって興味津津で色々質問する。会ったことないしねー。
そりゃ初彼氏だし、彼女も嬉しくってしかたない様子。

でも、私と同じで常に悩みごとがないと生きていけない
ネガティブなタイプ。

なので、悩みを打ち明けるのだが、それが独身者には
ノロケに聞こえるらしい。
ちょっとイライラしてみえた。

彼女「結婚したとしても彼は若いからお金がないのー」

友達「苦労するのが嫌だったら、金持ちを探せばいいやん!」
彼氏がいるだけいいやん。
みたいな感じて、答えていた。

私が独身(彼氏ナシ)なら、どんな風に聞いていただろう。
おめでとう♪と思いながらも焦りとか悔しいとか、なぜ私には彼氏が
出来ないんだろうと悶々として、鬱っぽくなっていただろう。

またその彼女も、既婚者の私に言ってくれれば、経験を話せるが、
独身(彼氏ナシ)の友達に、結婚した後の人生プランについて
相談していた。

相談された側も困っていた。
彼女も悪気があって言ってる訳じゃないんだけど。

私自身の時はどうだったんだろう?と不安になった。
知らず知らずに、こういう風に傷付けていたのだろうか・・・

同じ方向を目指し一致団結していた仲間だったけど、
ついに生きる方向がバラバラになった気がした。

だけど、全員にとってこの長年続けている女子会は
心のオアシスだから、続く限りはやっていきたいんです。

変なわだかまりは持ちたくないね。



スポンサーサイト
18:38 | 三十路日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

旦那さんの友達たち

人間関係も半年を経つと、変化が訪れるようになった。
旦那さんの友達が二人いて、その彼女との結婚が決まったのだ。
一組は秋。もう一組は冬だった。
二組とも遠距離恋愛中。

4人とも結婚式に来てもらっていましたが、正直その頃は
あまり親しくなかった。
3回くらい会っただけだったしね(汗)
旦那さんの友達とその彼女いう位置づけでした。

ところが結婚式の準備の進行状況などを聞く感じで、
6人で飲む機会が急に増え、いつのまにかとても仲良く
なっていました。

やっと一緒にいて楽しい友達が出来た♪
これから先は、家族ぐるみのお付き合いになっていくことでしょう。

皆いい人で、愚痴や人の悪口や噂話をネタにして盛り上がる人達では
なかった。
言いたいことがあれば、本人を前にしても、ちゃんと意見していた。
いい人過ぎて、逆に戸惑った(苦笑)

私の前の職場の女性達とはえらい違いだなぁと感じる。特に後輩とかね。
表面ではいい人面して、裏では悪口いい放題だった。
親友の結婚式の出来ごとにいちゃもんを付け、
人の彼氏や上司の文句も常に言っていた。
私もお弁当の時一緒にいて話を聞いていた側だから、
人のことは言えないけどさ。

旦那さん側の友人達は、本当に気の優しいいい人ばかりだ。
類は友を呼ぶのでしょう。
私も、こっち側の人間になれるのでしょうか!?

そいうえば、結婚する前に占いに行った時、
結婚後の方が、運勢が良くなると言われた。
確かに、嫌だった人とはすべて切れたし、新しく出会う人達は
いい人ばかりです♪


14:04 | 三十路の新婚生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

新しい趣味に向かって

季節は春になり、新婚生活6か月目に
入ったころ、失業保険は待機中で収入はない。
バイトをする予定もなく、相変わらず暇だった。

病気も治ったことだし、妊娠以外のことに目を向けようと
習い事をすることにしました。

一つは、田舎に住んでいた頃から通いたかった料理教室。
シェフが教えてくれるという、さすが都会といった感じ(笑)
月一回だし、一年だけ通うという約束で入会。

そして、パン教室にも通い出しました。
これは、有名な全国にある料理教室です。
手ごねパンが楽しくって、せっせと通う。
旦那さんも喜んでくれるので、作りがいもある。

こんなにお金どこから出てくるの?って思われたかもしれないけど、、
退職金が手に入ったので、ついつい財布の紐がゆるくなってしまった。
料理もパンも一生使えるしね、何より気分転換をしたかった!
友達が欲しかった(切望)

これで、一日中誰とも会話をしない。という日々が減り
旦那に依存することも減ってきたかもしれない、
徐々に自分の生きる楽しみを見出せたのかもね。

料理することも楽しくなってきたので、
料理ブログでもはじめようかと血迷ったこともあるけど、
所詮飽き性だし、独自性もないのですぐやめた。
いつかはクックパッドやレシピブログなどに投稿出来るような
レベルになれればいいんだけどな(笑)

18:21 | 三十路の新婚生活 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

低音障害型感音難聴になってしまった

新婚当時、一人もがいていた私だけど、旦那さんとの
両親とは関係が良好でした。
本当に優しくって、何も出来ない嫁の私だけど、良くして
頂いていた。

実母と違って、義母は前面否定するようなことも言わないし、
細かいことに口出しもしない。
「あなた達の好きなようにしなさい」という感じ。
結婚して1年たった今でも、義父も義母も変わらずに優しいし、
家に遊びにいっても、歓迎してくれる。
旦那が一人っ子のおかげだろうか!?
比べる兄弟や嫁もいないからね。

そんな優しいご両親。そして、実家の両親に早く孫の顔を
見せてあげたかった。
私も旦那もすぐにでも、子供が欲しかった。

気が合わなくなった(苦笑)リエちゃんとも
「早く子供が欲しいね。すぐ出来ると思っていたのに
なかなか出来ないんだね」と慰めあったものだった。

頭の中は 「子供が欲しい」とこれしか考えていなかった!
インターネットで妊娠しやすい体づくりや、食材。
そんなことをよく調べていた。
平日の昼間に買い物にいっても、目に入るのは
妊婦さんだったり、親子連ればかりだ。
とにかく焦っていたし、思い詰めていた。
基礎体温計も買ったしね。

ところが、こんな自分を更に追い詰める出来事が・・・

それは、旦那の両親と4人で食事をしていた時、
「あ~なかなか妊娠しました報告できなくて、二人の顔を
見るのが辛いなぁ」と思っていた時、
急に激しいゴーーーという耳鳴りに襲われた。
耳が詰まった感じで、気分も悪い。

翌日になっても、耳鳴りは全く止まらず病院に行ったら
低音障害型感音難聴」と診断された。
この病気は20~40代の女性に多いらしく、病気の原因は、
ストレス
肉体的、精神的もろもろのストレスから、発症するみたい。

ああ、私ってそこまで思い詰めていたのね・・・onz
不妊の原因もストレスっていうのに。

この病気は、薬物治療や点滴なのでまたまた妊娠する機会を
のがしてしまう。

結局2か月くらいの間、発症を繰り返して耳鼻科に通っていたけど、
最後は、鍼治療で治りました。

11:42 | 三十路日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。