TOP > ARCHIVE - 2008年07月
2008年 07月
06 | 2008/07 | 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
拍手する

彼氏への手料理その3

手料理を作る時、いつも思う。
「現実って、こんなものだと」
将来の結婚生活に対して幻想を抱く、私としては、結婚したら
マイホーム建てて、白い器にキレイに彩られた料理。
ナチュラルテイストのインテリア。
雑貨をかわいくレイアウトした、新婚家庭。

料理はこんな感じ(笑)
私の家には、この手のカフェ風の料理本がいっぱいある。





でも、実際作る料理はまったく違う。
お皿も食材も調理器具も揃っていない、ついでにダイニングテーブル
もない彼の家で、料理を作るだけで大変だ。
盛り付けは~♪と幻想を抱いているほど、余裕も美的センスもないから、
ドカって器に盛り付けるという感じです。

いつかは、見た目もかわいい料理をおうちカフェとかしたいものです。
ランチョンマットやお皿も買ったりしてね。
ってやっぱり最後は妄想。

スポンサーサイト
22:44 | 三十路の花嫁修業 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑
拍手する

彼氏への手料理その2

彼氏への手料理は、何を作ったら喜んでくれるのか悩むところ。
まして、彼の家には調味料がない!
砂糖、酢、味噌、酒、みりん
何もないんだもん・・・

塩コショウと醤油とマヨネーズぐらいかな。あったのって。
自炊をほとんどしないから、仕方ないのかもしれませんが。

冷蔵庫のぞいてみても、卵や牛乳やチーズもありません。
まさか、こんなに何もないとは思わなかったので、
カルチャーショックを受けた。

とりあえずはじめて作ったのは、オムライスと野菜サラダ。
材料も調味料もすべて持ち込みですが、家族以外に料理を作るなんて
ほとんど、経験がないのでオムレツを焼くだけで緊張しました。
普段は卵1個しか使わない我が家だけど、今回は
奮発して3個使って、真ん中を切ったらとろ~と流れる半熟状態に
仕上げてみた。
なんか妙に気が張って、作った後はどっと疲れた(笑)
オムレツってたまごが多いほうが、失敗しないんですね。

そんな感じで、彼氏への手料理はオムライスからはじまった。
カフェ風に仕上げて見た目もキレイに盛り付けて。
もちろん、美味しいといってくれましたよ!

今は、基本の調味料さしすせそは揃っていますので、シンプルな料理は
作れますが、
一人暮らし彼氏への手料理って。
結局、和食が喜ぶんですね~
お袋の味ってやつですね。
肉じゃが、かぼちゃの煮物、サバの味噌煮、きんぴらごぼうとか。
後、多めに作っておくと次の日も食べれることが、
外食しなくて済むので、楽らしい。

ただ、彼に手料理を作る前に、家で練習しているんだよね。
失敗したくないので、地道な努力と妙なプライド(笑)

00:01 | 三十路の花嫁修業 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

彼氏への手料理その1

彼氏が出来て、今回困ったことがあります。
それは、彼が「一人暮らし」だということです。

田舎で実家暮らしの私は、一人暮らしの経験もないし、
友達もみな実家暮らしです。

過去の付き合った彼氏も実家暮らしな訳で、一人暮らしの男性とは
どういう生活をしているのか、まったくわからない世界。

特に気になるのは食事!

自炊しているのか?外食なのか?
スーパーやコンビニ弁当なのか?

野菜や魚食べてるんだろうか?
栄養偏っているんじゃないの?

なんだか、いきなり母親の心境(?)

彼は帰宅時間が遅いので、自炊をする気にならないらしく、
スーパーのお惣菜や冷凍食品が多いみたいです。
ご飯はまとめて炊いて、一食分ずつラップに包んで、
冷凍にしているようです。
後はカップラーメンとか・・・

こういう話を聞くと、「私が料理を作らなくてはいけない!」という
感情が芽生えます。義務感なのか・・・!?
後、「美味しく作らないと!」という妙なプレッシャーもあります。

だから、最近ストレス溜まるのかな(笑)

00:09 | 三十路の花嫁修業 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

のんびりした一日

週2デートから、だんだん週1デートになってきたルナルナです。

今日は家でのんびりしていました。
DVDみたり、部屋の掃除したり、昼寝したりと
そんな休日なのですが、
こんなゆるーい日がないと、ストレスが溜まってしまいます。

のんびりとした一日を過ごしていても、邪魔をするのは
決まって母親です。
テレビで介護問題を放送していた時のことです。

「結婚して子供産まないと、将来誰に介護してもらうの!」と急に
怒り出し(?)てきました。

いつものことなんですがね。。。
母親は、私に早く結婚して欲しくて仕方がないのです。

そういえば、私彼氏が出来たことを母親に言っていません。
というか、あまり言いたくない。

彼氏が出来たと知れば、歳は?職業は?どこに住んでいるの?と
根掘り葉掘り追求されるでしょうし、結婚して欲しいわりには、
恋愛に色々口出ししてきて、正直嫌なのです。

でも、本当にこれからも彼と付き合っていくなら、
親に言わないといけないかもしれませんね。
毎週毎週、出掛けている私に、「出掛けすぎ!」と怒っているので。

私としては、結婚する時まで言う気はないのですがね~(笑)

23:04 | 三十路の休日 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。