TOP > ARCHIVE - 2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
拍手する

独身女性の友達は海外旅行

GWですね。
11連休ある会社もありますが、私の会社はカレンダー通りなので、
明日も出勤です。
そんなGWで思ったこと。

私の友達は学生からの付き合いで、独身ばかりの
数名のグループです。

そのうちの二人が、海外旅行に出掛けていきました。
一人はイタリア。
もう一人はバリ島へと。

三十路を過ぎたあたりから、ライフスタイルや考え方が
各々変わってきたと思う。

20代後半頃は「結婚したい!でも相手がいない」という
同じような境遇で、同じように不安を抱いていたが、
最近は、こういう話題も出なくなってきた。

それよりも、働いて貯めたお金で、リフレッシュしに、
海外旅行に行きたい。という人が増えてきた。
そして、海外旅行をより楽しむために、英会話教室に
通いだした子もいる。

毎日遅くまで残業で休みは、家で寝ていたい。
という働きすぎのサラリーマンみたいな友達もいる。

共通して「恋愛に興味がなくなってきている」
恋愛や結婚より、独身のうちにもっと楽しみたい的な
考え方をする友達が増えてきた。
それはそれで、いいと思う。
人生で楽しみみつけないともったいないし。

私も含め、みんな一生独身かもしれない」という思いが段々
強くなってきてきた。
やっぱり、人生観は一緒か(笑)


スポンサーサイト
00:05 | 三十路の人生観 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

Around40のドラマを観て

Around40ドラマ観ていますか~?

初回は「なんだ医者かよー。お金もあるし、仕事もあるし、
独身友達もいるし、結婚しなくても生活困らないだろう」
って、
思ってましたケド。

毎回面白いので、気になって観ています。

経済的余裕はあっても、女心というのは同じですね。
毎回、グサっとくる台詞もあります。
「あ~。わかるわかる。」と共感する部分もあります。

この前もアラウンド40で「結婚するかもしれない」
「結婚しないかもしれない」どららとも言い切れない不安定な現状を、
友人に話していたり、占いに行ったりするシーンを観ると。

私も同じことしてるよ(笑)って思っちゃいます。

安月給でお金はないけど、自由に生きてる私も、
やっぱり、いつかは結婚はしたい。

でも、結婚した場合と、結婚しなかた場合の人生プランを
両方考えないと、とも思う。
生命保険とかとくにそうですよね~。

昔は「29歳のクリスマス」というドラマで30歳前に結婚に焦るって
あったのに。時代が変わりましたね~。

それだけ女性は自由に生きて、選択範囲が広がったってことでしょうかね!
18:06 | 三十路のテレビ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

ラブちぇんを見て考えてみる

ラブちぇん(見ず知らずの2組の夫婦が入れ替わる番組)を
たまたま観ていたら。

ゲーマーでほとんど家に引きこもっている超インドア派と、家に居ることが苦手で
朝から晩まで外出するアウトドア派という旦那さん方でした。 

私なら、とどっちがいいんだろう?
考えながらみていた。

ブログではインドア派の人が希望といいながらも。
まったく出かけないのはちょっとツライかなーと。
でも、朝からラーメンは無理。

まーラブちぇんの場合は、極端なケースになってしまいますが(笑)

中間よりインドア気味の人が理想かな。
やっぱり、体力と精神面の問題で外出ばかりは苦手なので。

番組で、アウトドア奥さんが、 「思い出を作った方がいい」 と
インドア夫にアドバイスしていたのが印象的でした。

なんか、自分に言われているような気がした。汗とか

見合いしても「あまり遠出したくない」と、わがままを通したこともある。
思い出以前に、相手を知る術を自ら放棄している。

昔の彼氏も、インドアだったので長く付き合ったわりに、旅行に行ったことが
ほとんどない。
振り返っても「思い出」に残ることがあまりない。

次は、思い出を作ってみたいものだ☆


00:02 | 三十路のテレビ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

結婚している人との違い

昨年は、出会いの年だったと思います。

男性だけではなく、女性にも多く出会いました。
特に、飲み会を紹介してくれた女の人と仲良くなりました。
私は、最近その方の影響を強く受けている気がします。

40歳後半で、バツイチ子持ちのAさんです。
すごくバイタリティーのある方で、内弁慶な私となぜか意気投合。

30代過ぎても、新しい友達って増えるものなのですね。
もう、友達なんて増えないと思ってました。←暗~っ

Aさんは「みんな友達タイプ」の方なんで、女友達や職場の方達との
食事に、私も時々誘って下さいます。

学生の時からの、友達しかいない私には、新しい世界でもあります。
独身仲間とは、また違う世界。

こういう集まりに参加して感じることは、
結婚している人」と「結婚していない人」との違い。
結婚している人は、話を合わせる事がとても上手です。
場の空気を悪くしないように、表面上はとても穏やか。

客観的に見ていると、結婚していない人は、自分の話題になると
「自分の世界」に入ってしまいます。
「私は、こうだと思う」という感じで、主張を曲げない。

全員がそうじゃないけど、
私も独身仲間達も、基本的に我が強いし、毒舌だ。

私の結婚できない理由の一つは、普段から上手く人間関係が
築けていないことかな。
自分の主張を捨てはしないが、もう少し抑えることも大事かなーと。

22:25 | 三十路の人生観 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

恋愛は減点法

携帯のメールも難しいことに、普段と人格が違う人もいる。
合コン時は、大人しく口数の少ない男性も、
メールの文章は妙にテンションが高く、実際のイメージと
違う。「あんた、誰やねん?」
言いたくなる場合もある。汗とか

しかし、それは「本当の姿なのか」
「盛り上げるために」
気をつかってくれているのか、
「単に口下手なのか」は、
相手をもう少し知ってみないとわからないですよね。

メールだけで判断する訳ではありませんが、
恋愛に対して、減点法でチェックしてしまう自分がいる。
これは、ダメだとわかっていても無意識の内にやってしまう。

きっと、初対面の独身男性すべてを、恋愛対象として
みちゃうからなんでしょうね(笑)


Hさんの場合、知り合った当時かなり高ポイントでした。
90点だったとします。
メールが嫌だった-10点
超アウトドアなので、私は超インドアなので無理だと-30点
 ・
 ・
 ・

いつのまにか、Hさんは点が無くなり「恋愛対象外」になってまい、
「友達」になってしまった。
そもそも、Hさんは友達の方をを気に入っていたので、
それ以前の問題ですケド。

減点法恋愛しかできないなら、60点ぐらいの男性と知り合って、
「こんな良い所があるのね!」と加点法になった方が、
変に期待しなくて、良いかもしれませんね~。→私が。



23:22 | 三十路の恋愛観 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

絵文字が多い男性って

前回絵文字の話の続きですが、私がメールしたことのある男性は、
あまり絵文字を使う人がいなかった。
「おはよう」とか、文章内に絵文字が2つ3つ入るぐらい。

私としては、これぐらいが丁度いいと思っている。
まったく絵文字ナシというのもちょっと、寂しいかな豆汗2とも
思いますけど、だって黒1色しかないのも味気ない。

後輩は逆で、絵文字が少ない男性は恋愛対象から外れる
ぐらい、絵文字の数が、恋愛のウエイトをしめています。

絵文字って人それぞれですね。

でも、愛があれば~ でもでも「こんなカワイイ一面も
あるんだ」
と思えるのだろうか!?
その前に、彼氏になればきっと私はいってしまうかもしれない。
「なんて、ワンとかニャとか使うの?」と、
遠まわしに止めて欲しいみたいな感じで。
きっと言ってしまうな~。。。

知り合ったばかりのHさんには、わざわざ言うことでもないし、
相手が絵文字が多いので、私も彼に合わせて絵文字をいつもより
3.4割増しで使っている。
絵文字使うのが好きな人は、絵文字がたくさん入ったメールが好き
なんだろうと思うしね。

次の彼氏が絵文字多いなら、それにあわせるでしょう。
ただ、 「がんばるナリ」とか入ってきたらそこは
イラっとする。

23:24 | 三十路の恋愛観 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

彼氏候補ではなくなる時

前回に続きHさんネタ。

出会った頃は私も含め、友達もHさんの印象は良く、
みんなで「Hさんと二人で遊んだらいいやん」と盛り上がっていました。

でも、Hさんは私の友達を気に入っていたみたいで~
私モテないので(笑)
次第に二人がメールをよくするようになった。
Hさんと友達が付き合えばいいのにって思っていたのですが、
そんなに上手くいかないんですよね。

友達も、同じ独身女性だけど。
私以上に、男性に対しての厳しいチェックが入る。

Hさんの性格がだんだんわかってくると同時に、
Hさんも自分の本性を現してきた。

彼が彼氏候補から落選した原因の一つ。
それはメール。

件名:こんばん

仕事お疲れ
今度、ご飯食べに行こうよ
(中略)
楽しみにしてるナリ


こんばんワン?
30代半ばの男が、こんばんワンですか!?
こんばんニャもあったけど
なんだか、ガッカリ
今までお店やコンパで見せていたスマートで紳士的な姿は
「仕事モード」ってワケ。

ナリって、ナリって
コロ助!?(怒)

メールぐらいって思うかもしれませんけど、彼女的にはNGだったらしい。
はじめの印象がよかっただけにね。
その豹変振りが許せないのか・・・

私もメールで、絵文字使いまくる男は得意ではないかな。
30代半ばだよ?20代の若者ならまだしも。
自分があんまり使わないし。

ま、そうやって男性への「男はこうあるべき」という幻想が強すぎて、
私も含め友達も彼氏が出来ない訳なんだけどね~。

22:02 | 三十路の恋愛観 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

婚活したのは昨年のこと

昨年はコンパに参加したり、お見合いしてみたりと
新しい出会いを求めて婚活したなぁ。←過去形

婚活とは、「結婚活動」のことだそうです。
就職活動を就活というように、よりよい結婚を目指して、
合コンや見合い、自分磨きなど、積極的に行動することだとそうデス。

参照:http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-320080312013/1.htm
 
結局、恋に発展したものはなかったけど、コンパした内の2グループとは
微妙につながっています。

今回は1つめのグループのお話。

ショップの店員さんであるHさんは2つ上の30代
気配り上手。話し上手で、スポーツマンと爽やかで素敵な人。
というのが第一印象。

こんないい人が、まだ独身にいたなんてと思い、
友達と付き合ってくれたらいいのに。と思った。
とりあえず、自分のことは置いておく。臆病なんで

でもね。
私ってやっぱり人を見る目がないのかな。
観察力や洞察力とかもないけどさ。
何度かみんなで遊んでいるうちに、友達の一人が、
「Hさんて、自分大好き人間だよね」と言ってきた。

そういわれれば、話をする時も、いつも自分が中心。
電話で話ししていても、Hさん自身の話題ばかり。
「オレって」「オレだったら」って訳ですよ。

遊ぶこととお酒が大好きで、結婚するより遊んでいたい、
というような人でした。
深刻な話とか苦手そう。←これはかなり痛い

悪い人じゃなんだけどね~。

忘れた頃にHさんから「飲み会しよー♪」とお誘いがあります。
今月中にも、1回ありそうです。

こんな感じでHさんとは、だだの「飲み友達」や「遊び友達」となって
いきました。


23:51 | 三十路のコンパ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

お花見デートしたい

花見日和ですね。
花見どこかに行かれましたか?

たまにはお花見と思い立ち、混んでくる前に帰ろうと朝の9時から
地元の桜の名所へ行ってきました。
こんな朝っぱらから付いてきてくれるのは、家族ぐらいな
もんです。
母親と二人で、お花見です。
相変わらず男っ気ゼロです。

春だというのに、私の恋の花はいつ咲くんでしょう?!
蕾さえもアリマセン。。。

桜



桜は満開で綺麗だけど、朝の9時だというのに、芝生の公園の真ん中で
二人寄り添って、イチャイチャしているカップルを発見!
朝からイラっとしながら、よくみると外国人でした。
外国人の方はなんてオープンなんでしょう。
外国人だから仕方ないんかな。と思いながら
もうちょっと、日本なんで人目気にして欲しいもんです。

友達と一緒なら、「ウザイよな~」とか愚痴も言えますが、
隣には母親
家族団欒で食事中に、ドラマや映画で「濡れ場のシーンに
なった時、なんともいえない重い空気が漂う。
ソレが訪れる。

そんなカップルがスゴイことをしている訳じゃないのですが、
妙に意識してしまった春の一日でした。

tags: 花見
23:37 | 三十路日記 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する

新入社員はお肌がキレイ

桜の花が満開ですね。
まだ肌寒いですが、桜が咲いて見慣れた風景も明るく感じます。

平成元年生まれの新入社員が入ってきました。
いくつ下なのか数えてたら、
急に嫌気がさしてきた。

年取ったな~ってつくづく思う瞬間です。

最近の若い子は、背がスラリと高く手足も長くって、
顔も小さい
そして、カワイイ。

私が新入社員だったのはもう、10年以上前。
当時のアルバムに写る、私の顔は
まさに「こけし」だ。
ぽっちゃりしていて、おかっぱで、眉毛が太く、口紅は濃い赤。

今見ても笑える。

職場の後輩と、新入社員の話をしていて
「お肌がピチピチで、透明感があるよねー」と私が言ったら。
「ルナルナさんは、透明感もうないですよね」と言われた。

冗談?だとは思うけど(思いたい)、
軽く受け流すことは不可能なお年頃です。

美容のために12時には寝たいものです。

00:20 | 三十路日記 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。